ミュージック

Tani Yuukiの爪はなぜ右手だけが長い?理由は音楽に渋みを出すため!

最近、注目を浴びているアーティストであるTani Yuukiさんですが、素敵な歌詞と伸びのある歌声が話題となっている一方、男性でネイルをされていることでも注目が集まっています。

気になるのが左右の爪の長さが違うことです。

なぜTaniさんの爪は左右の手で長さが違うのでしょうか?

考察をしてみました。

Tani Yuukiの爪は右手だけが長い!

Tani Yuukiさんの爪はなぜか右手だけが長い時があります。

例えばこの画像です。

手の部分を拡大してみると、写真手前の左手は短いのに対して、写真奥の爪は指先より長く生えていることが分かります。

もちろん、両手を短く切り揃えている時もあるのですが、なぜ右手だけを伸ばしているのか気になります。。。。

しかも女性で爪を伸ばしている男性は8割方嫌悪感を示していることがわかっています。

8割の女性が爪を伸ばしている男性を嫌っている

引用元:Sirabee

Taniさんの歌声が天才的に上手でも人気商売ですし、女性のファンが多いTaniさんが女性の8割が嫌っている行動をTaniさんの所属事務所が許しているわけではないはずです。

これには何か理由があるはず!

色々と調べた結果、海外アーティストの真似をしている可能性があるのではないかと言う推論に至りました。

Tani Yuukiの爪が長いのは音楽に渋みを出すため

Tani Yuukiさんの爪が長い理由は、音楽に渋みを出すためなのではないかと考えられます。

例えば海外アーティストで有名なエド・シーランやリッチー・コッツェンも指で弾いています。

これは指で音楽を奏でると、柔らかい音色とキレのある鋭い音を使い分けることが可能となるそうで、音楽に渋みを与えてくれるそうです。

エド・シーラン

エド・シーランの上記のライブの画像を切り取った形が下記になります。

ピックを使っていないことが分かります。

リッチー・コッツェン

アコスティックギターの巨匠と言われるリッチー・コッツェンもほとんどがピックを使わず、指で弾いています。

Tani Yuukiは爪を定期的にメンテナンスしている可能性大

ここで疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、ピックなしで弾いたら爪が割れるのではないか?と思った方もいらっしゃると思います。

答えは割れるそうです。

タレントのつるの剛士さんは、ウクレレを弾くために伸ばしていた爪が欠けてしまったことをTwitterで報告しています。

そしてその後、女性専用ではないネイルサロンを探して爪のお手入れをしたことをInstagramで投稿しています。

Tani Yuukiさんの爪は写真を見る限り、かなり綺麗に揃えられている様子が分かるので、つるの剛士さん同様にサロンでお手入れされている可能性が高いでしょう。

ただネイル自体はスタッフの方がやってくれているようです。